髪の悩み

髪はなぜ傷むの?

ダメージヘアとはパーマやカラーリング、乱暴な洗い方やブラッシング、紫外線などが原因で、髪の表面が傷んだり、髪の内側がもろくなった状態のことをいいます。

さらに、髪の毛は、肌のような自己修復能力がないため、一度受けたダメージは髪を切るまでそのまま残ります。

髪はなぜ傷むの?

健康な髪は、表面がキューティクルでおおわれています。そして、キューティクルのいちばん外側には、シャンプーしても流されない油の層があります。この油の層が、髪をなめらかな手触りにしたり、水をはじくなどの重要な役割を持っています。

また、健康な髪の毛の内部は、コルテックス(毛皮質)という、いわば髪の細胞がぎっしり詰まった構造になっているため、髪を引っ張ると、切れるより先に根元から抜けてしまうことがあります。

カラーリングによるダメージヘア

カラーリングをくり返すと、髪の表面のキューティクルがはがれたり、髪の内部の大切な成分が流れ出て、髪がスカスカ・ボロボロの状態になります。

紫外線によるダメージヘア

強い紫外線を浴びると、髪が変色したり、パサつき・ゴワつきの原因となります。とくに、初夏から夏にかけては、紫外線の量が1年でいちばん多いため、海水浴に出かけたあとに髪がゴワつくのは、この紫外線が原因です。

シャンプー・リンスのサラサラ成分

このサラサラ成分が進化したことで、髪は包まれて呼吸しにくくなりました。さらに包まれた髪は、油やけをおこしてダメージを深めてしまうという悪循環となっています。

なんでくせ毛になるの?

なんでくせ毛になるの?

乾燥肌とは、空気の乾燥などにより皮脂膜が欠如し角質層の水分が10%以下になった肌のことを言います。そうなると角質層はうろこ状に別離されて、バリア機能を失い、白く粉を吹いたような状態になってしまいます。

クセ毛とは、波打つようにうねった状態を指し、専門用語で「波状毛(はじょうもう)」と言います。さらにクセが強い、ちぢれ毛は「球状毛(きゅうじょうもう)」もしくは「縮毛(しゅくもう)」と呼びます。波状毛も球状毛も、毛包が弧状になっていて、毛球部が曲がっています。毛球部の曲がり方が強いほど、クセ(波状)が強くなります。

クセ毛になる原因には、先天的なものと後天的なものがあります。先天的とは、いわゆる遺伝や民族によるもので、後天的とは、間違ったヘアケアによるもの、ヘアサロンでの施術時の損傷などがあげられます。、日本人の毛髪は約9割が直毛と言われています。ですから、あなたが悩んでいる「クセ毛」の原因は、後天的なものであることが考えられます。

円形脱毛症が治った時や、思春期以降、部分的にクセ毛になるケースも見られます。円形脱毛症の場合は、頭皮の下の結合組織が影響を受け、毛球部が少し曲がることが原因のひとつです。思春期以降にクセ毛になる場合は、女性ホルモンによる影響が大きいとされています。これらも後天的なものです。

また、クセ毛の方には、毛髪に負担を与え過ぎていることが多いのです。あなたは、まっすぐにしようと、定期的にストレートパーマや縮毛矯正を繰り返したりしていませんか?クセ毛には細いところと太いところがあって波打っているため、曲がっている部分がブラッシングの摩擦を受けてキューティクルがめくれあがり、ダメージヘアになりやすいのです。ですから、特に注意をはらってヘアケアを行いましょう。

本当にあなたに合ったヘアケア商品を使っていますか?

あなたはシャンプーやコンディショナーを購入する際に、パッケージの後ろに記載された表示まで入念にチェックしていますか?
肌が弱い、髪が傷んでいる…など個々の悩みに合わせてシャンプーを選ぶ時、縮毛矯正やカラーリングを長持ちさせたい人やダメージヘアの人は避けた方が良い成分があります。

原材料欄に「ラウリル」「硫酸」と付く成分が配合されていてなおかつ値段が1本500円前後のシャンプーは避けた方が無難でしょう。一般的にラウレス系シャンプーと呼ばれるシャンプーです。

本当にあなたに合ったヘアケア商品を使っていますか?

「ラウリル」や「硫酸」は石油系合成界面活性剤のひとつで、シャンプー容器の裏にある成分表を見るとラウリル硫酸○○などと表示されています。

石油系合成界面活性剤は洗浄力が強いことが特徴です。しかし、強過ぎるため頭皮や髪の毛そのものに必要な脂質も取り去ってしまうのです。すなわち、髪や頭皮から必要以上に脂質を奪ってしまいます。しかも皮膚に残りやすく、毛根に悪影響を及ぼします。

石油系合成界面活性剤は値段が安いため、ドラッグストアで安売りしているシャンプーによく使われてます。
サロン専売品シャンプーにも石油系合成界面活性剤を配合するシャンプーがありますが、髪へのダメージを少なくする成分も配合されてます。2つを使い比べると違いがよくわかりますよ。

さらに、ラウリル系シャンプーのデメリットは、これだけではないんです。カラーの色落ちを早めたり、パーマのウエーブがだれてしまいます。

パーマやカラーによって、キューティクルがはがれたりささくれたりと、髪の毛が傷みやすい環境にあるなか、洗浄力の強すぎるシャンプーを使えば、髪の傷みをどんどん進行させしまうのです。

健康で美しい髪を保つために、まずはいいシャンプー選びから始めましょう。

くせ毛・ダメージヘアの悩みにオススメの商品はこちら!

壱岐のたから うるみ スカルプシャンプー 300g

とろ~り成分「フコイダン」が頭皮の汚れをすっきり吸着しながら、栄養と潤いをチャージして根元からふっくらとハリを感じる髪に整えます。

壱岐のたから うるみ スカルプシャンプー 300g×2本セット

とろ~り成分「フコイダン」が頭皮の汚れをすっきり吸着しながら、栄養と潤いをチャージして根元からふっくらとハリを感じる髪に整えます。

【メール便対応】壱岐のたから うるみ スカルプシャンプー お試し10g×1回分

とろ~り成分「フコイダン」が頭皮の汚れをすっきり吸着しながら、栄養と潤いをチャージして根元からふっくらとハリを感じる髪に整えます。