ムダ毛の悩み

ムダ毛ってどんな毛?毛の仕組みを理解しよう!

私達の身体に生えている毛の本数は約100万~150万本ともいわれています。

その毛が肌から露出している部分を「毛幹」、皮膚の内部に埋まっている毛を「毛根」と呼びます。毛を抜いたときに丸くなっている部分を「毛球」と呼びます。この「毛球」の先端部分は、体の中で「毛母細胞」と密接していて、栄養を吸収することで毛が育つ仕組みになっています。

ムダ毛を抜くと、一見きれいに脱毛したように見えますが、毛根につながっている毛細血管を傷つけて出血を起こしたり、炎症が起こる場合があるので注意が必要です。

また、毛を抜いたときに毛根が引っ張られて横になってしまうと、毛先が皮膚の外に出ないで皮膚の中に埋没したまま伸びていく、埋没毛も起こりやすくなります。 脱毛テープやワックス、家庭用脱毛器などを使うときも、いきなり使わずに腕の一部などで一度試すことをオススメします。

「カミソリで剃ると毛深くなる」とよく言われますが、カミソリで剃っても毛深くなることはないので安心を! カミソリで剃った場合、毛の断面が四角くなるため、剃った部分の毛が伸びてくると毛が濃くなったように感じられますが、カミソリ処理で毛の太さが変わることはありません。

シェイプアップってなぁにダイエットと違うの?

ムダ毛処理の思わぬ落とし穴?!

むだ毛処理をすると、角質層が薄くなるので、紫外線からお肌を守る効果が弱くなります。海やプールに行く予定がある場合は、直前の処理は控えましょう。

感染症(ヘルペス・とびひなど)が起こっている場合は、感染が拡大する可能性がありますので、むだ毛処理は控えた方が良いでしょう。